錦糸町プラザ | 個別指導のZ-NET SCHOOL(ゼィーネットスクール)

お問い合わせ
0120-86-4330

ご質問・ご相談受付中 携帯電話からもOK

『穴 Holes』

夏休みも終盤。宿題は終わりましたか?

「これから大変なんだ。学校の宿題かたずけなくちゃ。」なんて言う声も教室ではそこここで聞かれますが。

夏休みの宿題で必ず出る読書感想文、アウトプットの良い訓練ですね。

6年生のある帰国子女の生徒が、英語で書いた感想文を持って来ました。

日本語作文への細かなニュアンスの指導を受けたいためです。

読んだ本のタイトルは『穴 HOLES』(ペーパーバック版)

アメリカの作家ルイス・サッカーによるジョブナイル小説で、 1998年初版が出版されるとたちまち全米で350万部のベストセラーとなり、 2003年にはディズニーによって映画化もされました。

この一冊を廻り、私達はたくさんの考察をしました。

●著作がベストセラーになった当時のアメリカの社会事情。

●とりわけアメリカのティーンエイジャーに何が起こっていたか。

●アメリカの文化的背景 など、

考察は社会(歴史)・比較文化・精神論(宗教観)に及びました。

一冊の本は、その一冊だけで、私達をいろいろな世界へ連れて行ってくれるものです。

彼女の草稿は、あっという間に原稿用紙にして十枚以上になりました。

彼女の場合は、日本語の言回しと同時に日本の習慣と文化事情を知る必要も ありますから、当然、感想文も英語でのそれとは別のものになって行きました。

 

勇気と希望と夢を与える児童文学。

キラキラのロマンとファンタジーが私達を永遠の少年少女にさせ、 読語めちゃくちゃ元気になる。

なるほど、このエネルギー故にこの著作はベストセラーとなり、 ディズニーも現代版ファンタジーとして映画化したのでしょう。

アメリカ中の子ども達が、虚無や諦め・痛みと怒りを抱えながらの 穴掘りルーティンから飛び出して、「ビック・サム(神の親指)」 の山頂を目指す冒険の旅に出た主人公のスタンリーと共に ハラハラ・ドキドキ・ワクワクし、彼にエールを送り、そして彼に 勇気をもらったことでしょう。

『苦難を超えてこそ、何人も犯すことのできない宝を得る人生の醍醐味』 を知ってほしい、と、著者ルイス・サッカーは祈りを込めて この作品を世に送り出したに違いありません。

真夏の昼下がり、直射を避けて 文字の織り成す世界に浸り、文字を紡ぐ作業に遊んだ あの小学生の頃の夏休み・・・・・