錦糸町プラザ | 個別指導のZ-NET SCHOOL(ゼィーネットスクール)

お問い合わせ
0120-86-4330

ご質問・ご相談受付中 携帯電話からもOK

読解力を上げる④内容完全把握読み編

全くの誤読や、助詞・助動詞の読み違えは枚挙に暇がありません。例えば・・

①原爆(ハラバク)ドームの見学・・・何処の何?

②外科(ガイカ)・・・何処の病院の何科?

③白(シロ)かばの木・・・白いカバさんが大きな木にでもなったお話かしら?

④虫の音(オト)色(イロ)・・・音には色があります。

⑤けい谷(タニ)の村・・・ムーミン谷のような村かな?

 

子ども達は、知識が少ないだけです。

小学生低学年の国語の宿題に「音読」があると思いますが、

正しく読めているかどうかを確認して上げることが、

どんなに大事なことか、イメージで処理しがちな子どもの国語学習は

ここから始まります。

 

内容完全把握読み

①熟語などが正しく読めている・・・読めなければ調べることもできません。

②意味の分からない事柄がない・・・よく分からない事柄は必ず辞書で調べる

③物語の場合は、登場人物の相関関係が分かる

④語られている状況がイメージの世界で描ける。

 

④については、時々絵を描かせています。

特に物語りでは、場面のイメージが浮かばなければ③の把握はできません。

このようにして、問題文を徹底的に理解させると、当然のことながら設問に対する

正解率は格段に上がるものです。

 

次回は、「多読は読解力を上げない」です。