錦糸町プラザ | 個別指導のZ-NET SCHOOL(ゼィーネットスクール)

お問い合わせ
0120-86-4330

ご質問・ご相談受付中 携帯電話からもOK

漢検合格おめでとう!学力が伸び続ける学習法 その2

今日は、やる気を育む「共感と認知の力」についてです。

 

「ボク、今日100点取る!」

と、入室のあいさつも他所に、勢い込んで入って来た、やる気満々小3のR君。

聞けば、この授業開始を告げる漢字小テストのために、一週間懸命に練習して来たというのです。

 

「よし!じゃ テスト問題をプリントするから、今日の番号を教えて。」

「エーと、3の7」

3年生の漢字7回目という意味ですが、3年生以下の学年への出題数は、テスト用紙1枚に付き、わずか5です。

 

この5問の一字一字を”止め・はね・はらい”と書き順に留意しながら、丁寧に覚える習慣を付けさせています。

 

この時フルに活用させたいのが、『国語辞典』。

小学生用の国語辞典には、たいてい漢字の書き順が載っていますし、字義もありますので独習の方法を教えます。

教室では、早いお子さんでは小学校1年生の時から、学校でも国語辞典の使い方を習う小学3年生という時期を逃すことなく、辞書を活用することを覚えさせることにより、漢字および国語の自立学習へと促して行っています。

 

**************

 

さて、R君の7回目の漢字テストはどうだったでしょうか?

勿論、見事に100点を取って、満足げに次の学習へとさっさと歩を進めて行きました。

 

子どもの努力しやすい問題数と、その子の100点の取れる学年レベルから始める

これが、やる気が起こり、やる気が持続し、やがて自立に向かい、生涯学び続ける習慣の素地を作る学習法です。

 

学年を下げても、その子が努力しやすいレベルから始める、ということがとても重要です。

自分もやれるんだ」という100点を取る快感を味わった子どもは、必ず次も100点を取ることに意識が向かいます。

 

**************

 

そうして満点を取ることが続くと、取れなかった時、子どもは非常に悔しがるようになります。

こうなったら、自立学習への大きなステップを踏み出している、ということなのです。

 

この時最も大事なこと、それは、”共感“です。

一緒に悔しがって上げるということ。

 

あ゛― オシカッタネーッ!!」と演技たっぷりに。

 

指導者の共感を得られるということ、勿論、お父さん・お母さんの共感も、子どもは常に欲しています。

 

次に大事なのは、「でも、すごく頑張ったよ。」と、頑張った過程を素直に認めて上げるということ。

これも、子どものやる気を起こさせ、やる気を持続させ、自立に向かわせるとても大きなエネルギーなのです。

 

じゃぁ、練習の回数を少し増やそうね。次またガンバろうね!

 

共感→認知→励まし&アドバイスの3ステップは、子ども(大人だって)の成長をサポートするには最も大事なこと、すなわち信頼の架け橋(ラポール)を築く要素です。