錦糸町プラザ | 個別指導のZ-NET SCHOOL(ゼィーネットスクール)

お問い合わせ
0120-86-4330

ご質問・ご相談受付中 携帯電話からもOK

面接指導~人事を尽くして天命を待つ~

今日は、面接指導~人事を尽くして天命を待つ~についてです。

年が明けました。
年明けはいつも受験生の合格祈願から始まります。

高校受験を目前に控え、中学三年生は皆真剣そのもの。

毎年のことですが、面接を受ける生徒には、本番さながらのシチュエーションを作って面接指導をします。

普段使い慣れない敬語を使わなければならなかったり、立ち居振る舞いを正されたりと、通い慣れた教室の慣れ親しんだ間柄でも、本人達は非常に緊張するようです。

先ず、原稿を書くことから始めますが、彼らにとっては、これがなかなか書けるものではありません。
しかし、自己分析をしたり将来を俯瞰したりする作業は、本人達を非常に成長させるので、毎年、この機会に乗じて必ず行わせるようにしています。

初めは、拙く舌足らずの文章であったり、余り具体的でなくボンヤリした無難な文章も、色々な角度から質問をしながら引き出しを開けて上げると、たちまちオープンになり、個性豊かで、魅力的で面白い文章にどんどん変わってくるものです。

何時の間にこんなことを考えるまでに成長したのでしょうか?
否、これが彼らの生まれながらの本来の姿なのだと思い、感動さえ覚えます。

***********************************

「アー、緊張したーッ!!」

初回の面接の練習を終えると、必ず口から飛び出す言葉です。
それでも、回を重ねると、急場を凌ぐ方法もなかなかに上達して来るので、こちらも変化球を投げたりして・・・
そんな手に汗握る瞬間を何度か経験して、イザ本番へ!

もう、天の采配を待つ、のみです。