一之江プラザ | 個別指導のZ-NET SCHOOL(ゼィーネットスクール)

お問い合わせ
0120-86-4330

ご質問・ご相談受付中 携帯電話からもOK

考える機会と作文能力

今日は、考える機会と作文能力についてです。

みなさんこんにちは。
ブログを読んでいただいた方々にプラザの中の感じがわかって頂けるように努めたいと思っておりますので宜しく御願いいたします。

ここのプラザは、一言で言うと生徒同士仲がいいと思います。つい先日まで高校入試がありました。
それぞれの道が決まりこちらも一安心。

こちらに通って長い小学生のSちゃん、中3生に合格のお祝いを言いたいとのこと。
今年もホワイトボードにメッセージを書いてる模様です。
ちなみに去年はプラザを飾りつけなどしていた子もいました。
これが一之江プラザの特徴の一つかもしれないです。学年が上の子と下の子が仲がいいです。
中3生はもうそろそろ勉強しておいた方がいいなどアドバイスもしていたりします。

ZNETのイベントの一つとして、会場講習会というものがあります。
これは中学受験生・高校受験生がまとまった量の勉強をするため、4日もしくは5日間会場貸切で勉強に励みます。

1日6時間ほどです。

この冬、一之江の生徒たちは中3・小6どちらも参加しました。
私自身も授業をそちらでしているのですが
前もって中3生たちに小6の面倒をみてねと御願いしてありました。

一人でご飯食べてたら一緒に食べてあげてねなど。
中3生たちは特に何かをしたわけではないですが、
静かに見守っているという感じでとても心強く感じました。
あとで、中3生から「何もなかったよ」と話をもらったので、きちんと見てくれていたようです。

私は常に学年をこえて仲良くしてもらいたいという希望があり、
そこで人のつながりや接し方、人の気持ちを考えてもらいたいと思っています。

そのため、勉強だけでなく何についてもなるべく生徒に考える機会を与えます。
学校の中でや家での出来事、友人関係・ニュースの内容など・・

それに対してどうしてそう思ったの?うまくいくためにはどうしたらいいんだろう?
いろいろ表現することによって、会話だけでなく作文能力にも生かされていきます。

時には人の意見も聞きながら、どんなことでもなんでかな?問題意識を常に張り巡らせましょう。
そうすれば、書くことや話すことが上手になっていきます。

子どものいうことは大人をびっくりさせるような発見があります。
生徒たちとともにゆっくりと、そして確実に成長できればなと思います。