府中栄町プラザ | 個別指導のZ-NET SCHOOL(ゼィーネットスクール)

お問い合わせ
0120-86-4330

ご質問・ご相談受付中 携帯電話からもOK

『考えること』と『発信すること』

今、この時代、教育の中でとても大切と言われていること、それは『自ら考えること』と『その考えを発信する力を身につけること』です。

 

今は、その詰め込んだ知識が、個々の中で消化され、栄養となり、使いこなせる状態になり蓄えられることが必要になります。

そして蓄えた力は『自ら考える力』として必要に応じて働いてくれます。

 

一方、『発信する力』は、感情をぶつけるのではなく、人に理解してもらうことを前提に個々が自らの思いや考えをそれぞれの方法で発信し、伝えていくものなので、一般的には日本人がとても不得意とするところだと思います。

 

そこで、今、府中栄町プラザでは、日々の学習の中でこの『自ら考える』とその考えを『発信する』を意識して学んでいくるよう工夫をしています。説明するときには話す順番を考え、論理立て、聞く人がわかりやすいように、また聞いている人が理解できているかも確かめながら進めていく。

これは、私ばかりでなく生徒一人ひとりも、なぜこの答えにたどり着いたのかを説明してもらうときに同様です。

わかりにくければ、質問をすることも大切です。

 

『自ら考えること』は、最初は億劫と感じることも多いようです。でも、いつもそうして時間を共有していると、ここではそれが当たり前になってきます。

 

少し学習に時間の余裕が出来たときには、個々の生徒の学年や進路にあわせてテーマを決め、小論文を作成してもらうこともあります。

 

まだまだ可能性をたくさん秘めている生徒たちは、このような時間を過ごしながら『自らを発信すること』がとても上手になっていきます。

 

中学、高校受験の面接やグループ討論、大学受験での小論文など、そのときが来たらそれぞれが『自信をもって自らを発信できる』ようにと願いつつの昨今です。