府中栄町プラザ | 個別指導のZ-NET SCHOOL(ゼィーネットスクール)

お問い合わせ
0120-86-4330

ご質問・ご相談受付中 携帯電話からもOK

国語大好きになった!

夏休みに入りゼミが始まりました。
週1回の通塾生徒にとっては大切な国語の時間です。

5年生のAくんは算数が大好きで国語は嫌いです。
面倒だし、わかりにくいし…ということだそうです。
でも、夏休みのゼミでは徹底的に国語を学習します。

ゼミ初日、
『え~~…、国語!? 』
とがっかりの様子。
まずは説明文から始めました。
《こそあどことば》にマーカーで色を付けながら読み、それぞれの《こそあどことば》が何を指しているのかを探し、全体の話の流れをつかむなどなど…問題を解くまえにじっくり文章と向き合いました。
普段の授業コマではなかなかできないほどていねいにゆっくりと読んでみました。

始めは『なんでこんなことしなくちゃならないの?』という雰囲気でしたが、読み終わったころ内容をたずねると、しっかり説明をしてくれました。

『さあ、そろそろ問題を解いてみようかな。』
と声をかけると、いつもより静かにひとりで黙々と答えを導き出していました。

『できた!』の声に『丸付けしようか。』と答え、解答を見ながら答え合わせをしました。
いくつかの違えもありましたし、正解の部分も含め、しっかりと解説を読み、どのように考えてこの答えになるのかを確認しました。

『どうだった? いつもより時間がかかったけれど、その分いつもより答えやすかったと思うけど。』
『うん。いつもよりらくだった。』

こんな感じで2日間しっかり説明文に取り組みました。
そして3日目には、何を言われることも無くマーカー片手に問題文を読みながら、さらに自分なりにわかり易いように印を入れてさーっと問題を解き終わりました。
そんなに時間もかけずに解いたのですが、なんと初めて全問正解! これはとても嬉しい結果です。
『先生、なんか国語が大好きになったかも。おれ、天才かなぁ? 』
『やったぁ! すごい成長ね! 問題を解くスピードも出てきたし、本当に天才かもね。前に比べたらずっと問題が解きやすくなったんじゃない? 』
『うん、印なんか入れているうちに自然にわかってくるような気がしてたよ。おれ、天才だからかなぁ。』
『そうよね、天才だから頑張れたんだね。』

長期休みのゼミは、通常のコマとは違い色々なことにチャレンジできます。
それぞれの生徒とともに普段登れないような大きな階段を登れるよう計画をたて、実行していきます。
週2回以上通っていても、こんなにていねいに国語の問題を解くことができるのは、やはり長期のお休みの時です。
なので、天才のAくんばかりでなく普段文章を読むことが苦手な生徒たちがこの夏、何人もチャレンジしました。

国語の分野でも、読解ばかりでなく《文法》が苦手なら文節から学習を始めました。
国語ばかりでなく算数を頑張った生徒もいます。
算数は通常の授業でしっかり学んでいるので、算数を一からやり直しという生徒はいませんが、1学期の総まとめや前年度からのつながりの部分を確認していくなどそれぞれにテーマを持ち頑張った夏休みでした。