さいわいプラザ | 個別指導のZ-NET SCHOOL(ゼィーネットスクール)

お問い合わせ
0120-86-4330

ご質問・ご相談受付中 携帯電話からもOK

数学って何の役に立つの?

以前、算数は基本の学問だということについて書きました。その算数の続きで中学で習うものは? ご存知の「数学」です。

数学は算数と違うの?なんの役に立つの? このことは「チコちゃんに叱られる」で以前やっていたとおり、数学は「論理的な思考を身につける」トレーニングです。なんか論理というと難しいですが、大人の日常生活では当たり前に考えているはずです。
「昼食食べにいつもの店にいったけど、なぜか今日は混んでるからたまには向かいの店に入ってみよう」「少し遠いスーパーに行く方が安い。給料日前は節約を優先して、遠い方に買いに行くことにしよう。」
といったふうに、簡単に論理的に考え、行動に結びつけているのです。

日常では自分の頭の中で考えれば済むのですが、仕事では他の人に説明しなければいけませんね。文書で、口頭で。なかなかこれは難しい。それも数学でトレーニングするのです。「~だから」「よって」など言葉を使って説明する、「証明」です。このトレーニングで「他の人に理解できる説明をする」、大人になって必要な脳力だとは思いませんか。
中学生には今から大人になってからのことを話しています。決して時期が早いわけではありません。18歳で選挙権が与えられ、大人扱いです。あと何年あるのでしょうか。
今のうちに身につけるべきこと、これを頭の隅におきながら指導しております。