さいわいプラザ | 個別指導のZ-NET SCHOOL(ゼィーネットスクール)

お問い合わせ
0120-86-4330

ご質問・ご相談受付中 携帯電話からもOK

読解力の誤解

こんにちは!
大型台風に次ぐスーパー台風、
「もう全て大型でいいじゃん!」
と思う今日この頃、
子供たちにはドキドキの前期の成績が出ちゃいましたね。みんな、どうだったかな?

さいわいプラザの生徒も一喜一憂してました。
学年が上がり、学年末の成績から5教科上がった生徒もいれば、(←おめでとうっ!良く頑張りました!)
中学生の初めての成績にショックをうけた生徒もいます。
ここで今回の成績はちゃんと意識して次に繋げましょう。

【目標を決める】と成績は上がりやすくなりますよ。中学2年生なら志望校が明確になると良いですね。

話は変わりますが、学校のテストは模擬テストや入試試験の点数とギャップがある事に注意が必要です。
私も生徒に私自身の昔の学校のテスト結果と模擬テストの結果を見せて、ビックリさせています。
『学校では国語は良い点数だけど、模擬テストでは中々点数に結びつかない子』って結構多いんじゃないかな?
実は私は国語の授業は大嫌いなので学校の国語は点数も成績も悪かったです。
しかし、模擬テストや入試では国語の点数・偏差値が高かったです。
「不思議でしょ?」
なので読解力は決して国語の良し悪しで判断出来ない事を覚えておいて下さい。
「どうすればいいのか?」は、いつかブログに載せてみようかと思います。