相模原プラザ | 個別指導のZ-NET SCHOOL(ゼィーネットスクール)

お問い合わせ
0120-86-4330

ご質問・ご相談受付中 携帯電話からもOK

中学1年生のみなさんへ

昨日、中1のKさんのお母様から、方程式の文章ができなくて悩んでいるとの相談を受けました。Kさんはとてもまじめな子なので、さまざまなタイプの文章題をすべて理解できないうちに先に進んでしまったことに焦りを感じているようです。

このようなことは、Kさんに限らずほとんどの中1の皆さんが感じていることではないでしょうか?

結論から申し上げると、今はそう感じて当然です。中学生の勉強は小学生に比べるとはるかに難しいですし、2学期は特に学習内容が難しくなる時期です。場合によっては、先生が詳しい説明をせずにさらっと流してしまうこともあるでしょう。

今学習している内容はこれから学習する内容の基礎となる部分であり、もっと大きな学習の一部でしかありません。それを現在扱っている内容だけですべてを理解しようとするのは無理なことです。今はある程度の理解で先に進んでしまってかまわないのです。

方程式で例えるならば、変数が2つある問題を今は1次方程式を使って解いていますが、2年生になれば連立方程式で比較的容易に解けてしまいます。つまり今学習している1次方程式は来年以降に学習する連立方程式を理解するための下地に過ぎないと考えることもできるのです。

かなりの暴論ではあるのですが、このように、今は難しいと悩んでいることが来年以降必要なくなるということもありますので、ある程度で見切りをつけて先に進むことも大事です。それよりも先に進んで新しい知識を手に入れるほうが、学習の全体像を把握できることにもつながります。

幸いにも神奈川県は1年生の成績は必要とされません。基本ができている人は、あまり悩まずに先に進みましょう。がんばってください。